ソフトバンクでMNP転出するのはズバリ!月末だ!

ソフトバンクでMNP転出する解約タイミングと注意点

格安スマホが全国的に普及してきました。
そうは言っても、数多くあるMVNOから自分にピッタリの会社を選んで、端末を準備して、解約して、契約して・・・・・と乗り換えの手間を考えると、どうしても腰が重くなってしまいますよね。

 

スマートフォンなど通信業界の単語やシステムはややこしいので、考えるのも嫌だ!
という人も少なくないと思います。

 

今回の記事では、softbankからMNPを使って、格安スマホに乗り換えるベストな方法を考えていきます。読んで頂ければ、解約のお手続きは意外と簡単に出来ることがイメージできると思います。

 

ぜひお付き合いください。MNPがどういう制度で、なぜMNPをする必要があるかはドコモからMNPする方法とタイミング記事の最初の部分を参考にしてくださいね。

 

ソフトバンクでMNPする2つの方法

SoftbankでMNPを使った解約をする方法は2通りあります。
電話でするかショップでするかです。

 

オススメはショップでスタッフさんと対面でのお手続きです。
電話は混み合って繋がらないことも有りますので、あまりオススメできません。

 

ただし、ショップに行くことが出来ない場合は、必然的に電話での手続きになります。

 

どちらの方法を選んでも、対応スタッフさんから、引き留めの説明を受けることが予想されます。
「MVNOにすると通信速度が遅くなる可能性が有りますが大丈夫ですか。」などですね。

 

しかし、これらはスタッフさんも決まったマニュアルどおり話しているだけなので、強い意思を持って「大丈夫です。」「解約します。」を貫きましょう。

 

ソフトバンクのMNP転出手数料は3,000円です。

 

電話でのお申し込みを行う際は、

ソフトバンク携帯からは5533、
それ以外からは0800-100-5533にかけましょう。
通話料金は無料で、受付時間は、9:00〜20:00です。

 

ショップでのお申し込みは、お近くの路面店や家電量販店に入っているsoftbankショップで行いましょう。営業時間は店舗により異なりますので注意してください。どちらの場合も、お手続き後にMNP予約番号をもらいます。この予約番号は格安スマホに申し込む際に使います。

 

MNPをするタイミングは月末がベストです。
なぜなら、スマホの月額料金の中には日割り計算できない料金が含まれているからです。

 

そして、格安スマホを月の途中で申し込んでも、1か月分の料金がかかる事がほとんどです。
つまり、乗り換える月には“現在使用しているスマホの月額料金”と“新たに契約した格安スマホの月額料金”の両方がかかってしまうのです。

 

これを避けるために、楽天モバイルでは契約開始の月には月額料金を無料にするサービスを行っています。
しかし、月末に解約して月初めに契約すると、この1か月分無料を使ってスマホ料金がかからない1か月間を作ることができます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
Softbankスマホから格安スマホに乗り換えるのは、意外と簡単なことが分かって頂けたら嬉しいです。そして、さらにお得に解約するために、解約前に今まで溜めたポイントを使い切りましょう。

 

Softbankで溜めたポイントに関しては、ソフトバンク解約前にポイントを上手く使う方法は?でご説明しています。下準備をバッチリして、スムーズに格安スマホに乗り換えましょう